パパ活で逮捕!?取り締まられるケースと万が一トラブルに巻き込まれた場合の対応

パパ活に興味があるけれども犯罪にならないか、不安を感じて一歩踏み出せない男性は多いでしょう。

結論から言えば、パパ活で女性と関係を築いてもも即捕まるわけではなく状況にもよります。

その理由を確認していきましょう。

目次

犯罪じゃない?パパ活が取り締まられないワケ

パパ活自体に違法性があるわけではない

そもそもパパ活は、夢を叶えたい女性が経済的にゆとりのある男性と時間を過ごし、その対価として金銭を受け取る活動です。

食事に行ったりショッピングをして楽しく過ごすもので、そこには基本的に性的な関係はありません。

単に、お小遣いをもらって男性と一緒にいるだけですので、そこに違法性を見出すことは難しいのです。

「恋人」か「パパ活」か客観的に判断しにくい

たとえ性的な関係になったとしても、お互いに合意した上であれば第三者から見た時に2人が恋愛関係か、それともお金を介した付き合いだけのパパ活か見極めるのは困難です。

年が離れたカップルはたくさんいますし、パパ活かもしれない可能性はあっても否定されれば追及できません。

金銭を介した付き合いか証拠がない

パパになった男性は雇用主ではなく、女性も従業員ではないのでお手当は給与ではありません。

実際に女性に現金や物品を渡して付き合っていたとしても、やり取りした記録も証拠も何も残らないのです。

恋人としてプレゼントしたことにしてしまえば、それ自体を問題に取り上げて取り締まることは現実的ではないでしょう。

取り締まられることもあるので注意!パパ活が問題になる場合

18歳未満の未成年女性とのパパ活

たとえお互いが合意の上でパパ活契約を結んでいたとしても、女性が18歳未満の未成年だった場合、法律上は子どもの扱いです。

未成年にご馳走する、金品を渡すといった条件を持ち掛けて連れまわせば、成人の支配下に置いたものとみなされて未成年者誘拐罪が成立してしまいます。

子どもに対してお金を渡して性的行為をした場合は、立派な児童買春罪です。

さらに、各自治体の青少年健全育成条例違反が成立する可能性も高いでしょう。

女性が18歳以上の成人でも注意が必要

女性が18歳以上で成人していても、合意を取らずにわいせつな行為をした場合は強制わいせつ罪、性行為に及んだ場合は不同意性交等罪が成立します。

いずれも罰金刑はなく、起訴されれば必ず公判請求になりますし、拘禁刑になることもある重たい罪です。

さらに、こちらも各自治体の迷惑防止条例違反に該当することがあります。

取り締まられてしまう原因は?パパ活で捕まるケース

女性が被害に遭い警察へ通報

パパ活の取り締まりで特に多いのが、性的な被害に遭った女性が警察に通報、被害届を提出して発覚するケースです。

食事のみ条件でデートしたのに無理矢理性関係を迫られた、お酒を飲まされてホテルに連れ込まれたなど、性的暴行を受けたことで犯罪が明るみに出ることがあります。

パパ活していることがバレてしまうので黙っているだろう、そう考えて女性を脅すような男性も残念ながら少なくありません。

ホテルから通報が入る

受付がフロント式のホテルだと、性行為をするために利用したホテル側が利用者の関係を怪しんだ場合、通報されることがあります。

女性の様子が正気に見えなかったり、女性側が未成年に見えた場合などが該当するでしょう。

ホテルも部屋が犯罪の現場になることは避けたいと考えますし、他の利用客の安全のためにも可能性があれば警察に伝えることが多いのです。

女性の家族や保護者が警察へ相談

女性の家族が女性の様子に異変を感じて、警察に相談することも少なくありません。

成人女性の場合は意に沿わないことをされた際に自ら通報することが多いのですが、未成年だった場合は家族や保護者が女性から話を聞いたり、心配して通報するケースが目立ちます。

警察が強化しているSNS等のパトロール

近年、パパ活の出会いの場として利用されることが多いSNS。

そこで警察では、パパ活が行われることが多いサービスでパトロールを強化しています。

若い女性に成りすましたおとり捜査に引っかかった男性が事情聴取を受け、過去のパパ活から犯罪が明るみ出ることがあるのです。

パパ活女性と一緒にいるときに職務質問を受けた

一見、年が離れている男女が夜のホテル街などで歩いていると、巡回している警察に目を付けられやすくなります。

ホテルから出てきたところを声を掛けられ、職務質問されたことで女性が未成年者だと発覚して犯罪が露呈するケースが少なくありません。

これは犯罪になる!?パパ活で取り締まられた時の対処法

問題のあるパパ活だったか振り返る

まずは落ち着いて、自分がこれまでに行ったパパ活が犯罪にあたるか検討してみてください。

対応するにしても、女性とどう接したか、そこに何かしら問題はなかったか、法律に違反することはなかったかきちんと振り返ることが大切です。

弁護士への相談を検討する

もし不安があった場合は、法律の専門家に相談しましょう。

早めに問題を解決するためにも弁護士に依頼し、パパ活の経緯を法律に照らし合わせて判断してもらってください。

悪質性が低いと判断されれば刑事罰に問われない可能性もありますし、被害者との話し合いで起訴を免れられる場合もあります。

アウトなら早めに警察へ出頭

心当たりがあり、言い逃れもできないようであれば、すぐにでも警察に出頭してください。

勘違いしているかたが多いのですが、自首したからといって即逮捕されるわけではありません。

あらかじめ弁護士に相談してから警察に出頭にも同行してもらうことで逮捕の必要なしと回避を求められますし、要請が受け入れられれば捕まらずに済む可能性もあります。

話し合いが可能なら示談交渉する

被害女性の連絡先を知っている場合に限りますが、示談交渉に応じてもらい、被害届を出さないと確約を得られれば立件されることなく事件を終わらせることもできます。

ただ、被害に遭った女性の心情に配慮する必要がありますので、弁護士を通して慎重に交渉を進めていかなければなりません。

パパ活では罪に問われる可能性を常に意識しよう

パパ活は、お互いに合意した条件の下で成人女性と食事やデートを楽しむだけなら問題ありません。

しかし、性行為に及んだ場合は状況によって問題になることがありますし、相手が未成年なら法律違反です。

トラブルを回避するためにも、犯罪になる可能性を常に考慮した上で行うことを心掛けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

性別:女
年齢:28さい
職業:カフェ店員
住んでいる地域:福岡
趣味:映画鑑賞、パパ活、ハンドメイド

目次